海外FXのハイレバとは?レバレッジについて解説!

海外FXのハイレバとは?レバレッジについて解説! 基礎知識

海外FXの話題としてよく挙げられるハイレバとは何で、どういったメリットがあるかご存知ですか?ハイレバはFX取引で利益をだすためには重要な要素です。本記事では、ハイレバについて1からご説明します。

海外FXで良く見るハイレバとは?

ハイレバとはハイレバレッジ(high leverage)の略です。そもそも、レバレッジ(leverage)は「てこの原理」を意味する言葉です。FXの世界ではこの意味が転じて、FX会社に預けた「証拠金」を担保に「証拠金以上の資金」を動かして取引する仕組みのことを指しています。
国内のFX業者のレバレッジは最大25倍と金融庁により定められていますが、金融庁の管轄外の海外FX業者では1000倍以上のレバレッジを提供している業者が多く存在しています。このけた違いに大きなレバレッジをハイレバレッジ、通称ハイレバと呼んでいます。

海外FX業者でハイレバな取引をするメリットとは?

では、海外FX業者でハイレバな取引ができるのは、私たちにどのようなメリットがあるのでしょうか?例として、10万円を証拠金として運用することを考えてみましょう。レバレッジをかけないと10万円分の取引しかできません。一方、レバレッジが5倍の場合は50万円分の取引が可能です。つまり、レバレッジが100倍の場合は1000万円分の取引が可能となるのです。

ハイレバで取引の額を大きくできれば同じだけの資金を運用しても、レバレッジの倍率に応じて大きな利益を得られます。わかりやすい例として、10万円を証拠金として、1ドル=100円の時にポジションを建てて、1ドル=110円で決済する場合、すなわち1ドルあたり10円の利益が出ている場合を考えてみましょう。レバレッジをかけないと10万円は1000ドルであり、この場合は1万円の利益です。

一方、レバレッジが5倍では10万円は50万円分すなわち5000ドルとしてポジションを建てられ、この場合の利益は5万円です。つまり、ハイレバな100倍では、10万円は1000万円分すなわち10万ドルとしてポジションを建てられ、この場合の利益は100万円です。つまり、同じ10万円でも、レバレッジ次第では大きな利益を生み出せるのです。

まとめ:海外FXのハイレバとは?レバレッジについて解説!

このように効率よく利益を出すのにハイレバを活用することは欠かせませんが、少ない証拠金で大きなポジションを建てられるということは、損失も同じだけ大きくなることに注意が必要です。

しかし、実際のFX取引では安全装置としてロスカットルールやゼロカットが定められており、証拠金以上の損失にはならないことがほとんどです。ぜひハイレバな海外FX取引で皆さんも効率よく利益を得ましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました