海外FXのNDD方式とは一体何!?

海外FXのNDD方式とは一体何!? 基礎知識

FXには取引の方法として、DD方式(Dealing Desk)とNDD方式(None Dealing Desk)の二種類が存在するのをご存知ですか?本項目では、DD方式とNDD方式の仕組みやメリットをご紹介します。二つの仕組みを理解した上で、メリットを有効に利用できるFX業者を選択しましょう。

FXのDD方式とは?

DD方式とは店頭取引(OTC取引)とも呼ばれ、顧客とFX業者の為替ディーラーとの取引、ディーラーとカバー先金融機関の取引というように二段階で取引がなされています。顧客の注文を流すタイミングは為替ディーラー次第であるため、どのように注文が流されているかは不透明です。しかし、DD方式はスプレッドが極端に狭いため、コストの面でメリットが大きくあります。国内業者の大半はDD方式を採用しています。

FXのNDD方式とは?

NDD方式はFX会社の為替ディーラーを介さずに顧客とインターバンク市場の金融機関が直接取引をします。ディーラーを介さないためディーラーによるレート操作はなく、システムが顧客の注文を最も有利なレートの金融機関と繋げてくれます。つまり、透明性が担保された環境でFX取引ができる上に、約定力が高いのがメリットです。
さらに、NDD方式にはSTP方式(Straight Through Procesing)とSTP方式を完全自動化したECN方式(Electronic Communications Network)があります。NDD方式は海外ではスタンダードな方式ですが、最近では国内でもNDD方式を採用するFX業者が存在しています。

海外FXのNDD方式がおすすめの方

NDD方式は約定力が高いため、スキャルピングをしたいと考えている方には強くおすすめです。また、ニューヨーク時間で取引をすることが多い方は、ニューヨーク時間では流動性が高いためスプレッドが狭くなるNDD方式を利用したほうが有利です。
また、海外FX業者にはレバレッジ規制がないため、元手の資金が少額であっても大きなポジションが持てます。つまり、少額の元手から大きな利益を生み出せる可能性を秘めているといえます。

まとめ:海外FXのNDD方式とは一体何!?

FX取引では、自分の取引の手法や時間帯に合わせて約定力とコストの優先度が変化します。つまり、国内FX業者と海外FX業者を比較したときには取引方法の差が利益を大きく左右することにも繋がりかねません。目先のボーナスや利便性だけに目を向けてFX業者を選ぶのではなく、自分の目的とする取引に合わせてメリットの大きい業者を選択するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました